サイトマップ

トップ

コンテンツ

  • 写真一覧… 登録写真の新着順一覧です
  • カテゴリ一覧… 写真の登録カテゴリ一覧、各カテゴリの写真リストに飛べます
  • タグ一覧… 写真につけられているタグ一覧、各タグのつけられている写真リストに飛べます
  • 用語集… 写真や画像、当サイトにまつわる用語の数々を解説しています

サイト情報

  • ご利用規約…当サイトをお使いいただく際の使用上のルール説明
  • リンク集…当サイトと関わり深いサイトの紹介など
  • サイトマップ…こちらのサイト内コンテンツ紹介ページ

ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールとジョゼフ・ニセフォール・ニエプス(ダゲールのパートナーであったが、彼らの発明が完成する前に死去)は、1836年に最初の実用的な写真技術ダゲレオタイプを発明した。ダゲールは銅板を銀で被覆し、そして感度を上げるためにヨウ素蒸気に晒した。画像は水銀蒸気によって現像して、塩の溶液で定着された。
メガネのフレームの内側に刻まれている番号は、レンズ一枚の横幅、ブリッジの幅、テンプルの長さの順に書かれています。
お気に入りのメガネがあったら数字を記憶しておくと、次に買う時に同じような規格のメガネが見つかります。
写真乾板(しゃしんかんぱん、英: photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。