生物

このカテゴリのジャンル

カテゴリ内の登録写真

カテゴリ内の人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

1871年にリチャード・リーチ・マドックスが写真乾板を発明し、カメラマンは既製品を使うことができるようになった。また、初めてカメラは手持ちに充分なほど、または隠すことさえできるほど小さくなった。携帯カメラからフィールドカメラまで、いろいろなデザインが激増した。
また感度の向上により、露出時間が短縮されたことにより、シャッターが必要になった。最初のシャッターはカメラから独立したアクセサリーであったが、1900年頃までにカメラに内蔵することが一般的になった。
世界初の現実的なインスタントカメラポラロイドモデル95が1948年に市場に出た。
現存する最古のカメラと言われている、ニコンが製造した3台目のカメラ「ニコン・ワン」が、オークションで、英32万ポンド(約4500万円)で売れたことがある。