昆虫

タグのつけられた登録写真

タグのつけられた人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

「ルーペ」と「虫めがね」とは同じもの。
「ルーペ」はドイツ語(Loupe)で、拡大鏡の意味。
写真を撮った時に赤目になるのは網膜の色が映ったからで、網膜は血の色で赤色。
暗い場所などで瞳孔が開いているとこの色が出やすい。
最初の固定された写真は、パリでチャールズおよびヴィンセント・シュバリエによって製作されたスライドする木箱型カメラを使ったジョゼフ・ニセフォール・ニエプスによって、1826年か1827年に撮られた。ニエプスは、銀とチョークの混合物に光を当てると黒くなるというドイツの解剖学者ヨハン・ハインリヒ・シュルツェによる1724年の発見を基にして、ピューター(鉛とスズの合金)板をアスファルトピッチで被覆し、プレートを光にさらすことによって最初の写真を撮った。ピッチは光が当たったところが硬化し、硬化されていない部分は後から溶解された。これが写真撮影の端緒である。