ほうれん草

タグのつけられた登録写真

タグのつけられた人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

現存する最古のカメラと言われている、ニコンが製造した3台目のカメラ「ニコン・ワン」が、オークションで、英32万ポンド(約4500万円)で売れたことがある。
写真を撮った時に赤目になるのは網膜の色が映ったからで、網膜は血の色で赤色。
暗い場所などで瞳孔が開いているとこの色が出やすい。
写真乾板(しゃしんかんぱん、英: photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。