鳥居

タグのつけられた登録写真

タグのつけられた人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

写真を撮る時おなじみの「はい チーズ!」の由来は、19世紀末、写真が高価で失敗できなかった頃、カメラマンが「say cheese!」と言って、笑っているように見える写真を撮ったのが始まりとされる。
「cheese!」を言うと口元が「イー」の形になり、口角が上がって笑顔のように見える。もともとは笑顔にさせることが目的だった。
最初の固定された写真は、パリでチャールズおよびヴィンセント・シュバリエによって製作されたスライドする木箱型カメラを使ったジョゼフ・ニセフォール・ニエプスによって、1826年か1827年に撮られた。ニエプスは、銀とチョークの混合物に光を当てると黒くなるというドイツの解剖学者ヨハン・ハインリヒ・シュルツェによる1724年の発見を基にして、ピューター(鉛とスズの合金)板をアスファルトピッチで被覆し、プレートを光にさらすことによって最初の写真を撮った。ピッチは光が当たったところが硬化し、硬化されていない部分は後から溶解された。これが写真撮影の端緒である。
写真乾板(しゃしんかんぱん、英: photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。