光る外壁


タイトル 光る外壁
説明 東京スカイツリーの一部に使われている、ライトが通っていて光外壁です。
投稿日時 2021-06-26 02:47:21 アクセス数 207
タグ   
投稿ID 272
投稿URL このページをお知らせしたい場合こちらのURLをお使いください。

※URLをクリックしていただくとクリップボードにURLがコピーされます。
⇩Sサイズ画像無料ダウンロード ⇩Lサイズ画像無料ダウンロード

この画像は当サイトポリシーに基づき公開されています

この画像は、パブリックドメイン扱いで、私用・商用含め無料でご利用いただけます。
事前の許可なく、ネット上へ公開、改変、複製等の利用を行って構いません。
ご利用にあたって、帰属表示やリンクは必要ありません(当サイトへのリンクを掲載いただけるとうれしいですが)。
無料ダウンロードボタンを押下してダウンロードしてご利用ください。

禁止事項

当サイトそのものは著作権を放棄しておりませんので、当サイトのソース、配布の写真をすべてダウンロードし同様のサイトを立ち上げることは禁止といたします。
各種ウェブサイト上でご利用なられる場合も、当サイト掲載写真は必ずダウンロードの後ご利用くださるようお願いいたします。
掲載写真のファイルURLへの直接リンクは当サイトのサーバー負荷増となるため禁止といたします。

細かな利用ルールに関しては利用規約をご確認ください。

このジャンルのオススメ写真

最近の人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

最初の固定された写真は、パリでチャールズおよびヴィンセント・シュバリエによって製作されたスライドする木箱型カメラを使ったジョゼフ・ニセフォール・ニエプスによって、1826年か1827年に撮られた。ニエプスは、銀とチョークの混合物に光を当てると黒くなるというドイツの解剖学者ヨハン・ハインリヒ・シュルツェによる1724年の発見を基にして、ピューター(鉛とスズの合金)板をアスファルトピッチで被覆し、プレートを光にさらすことによって最初の写真を撮った。ピッチは光が当たったところが硬化し、硬化されていない部分は後から溶解された。これが写真撮影の端緒である。
ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールとジョゼフ・ニセフォール・ニエプス(ダゲールのパートナーであったが、彼らの発明が完成する前に死去)は、1836年に最初の実用的な写真技術ダゲレオタイプを発明した。ダゲールは銅板を銀で被覆し、そして感度を上げるためにヨウ素蒸気に晒した。画像は水銀蒸気によって現像して、塩の溶液で定着された。
最初の実用的なレフレックスカメラは、1928年のフランケ&ハイデッケのローライフレックス二眼レフカメラであった。