盛りっ盛りの二郎系ラーメン


タイトル 盛りっ盛りの二郎系ラーメン
説明 背脂たっぷりのとんこつスープにたっぷりの麺ともやし、キャベツ、ネギ、にんにくなどを乗せる、俗に言う二郎系、二郎インスパイア系と呼ばれるラーメンです。
そのあまりのボリューム、スープや乗っかっている背脂やにんにくなどのこってり感で、もはや独自のラーメンの一ジャンルになっていると言っても過言ではないラーメンです。
本来の名前の元となっているラーメン二郎というお店も今でも多数ありますが、若者などに人気のため、この二郎インスパイア系のラーメンを提供する店舗が現在では多々登場しています。
あまり個別店名を入れるのもなんだな、という人などは、このボリュームたっぷりのラーメンの系統を、ボリューム系、爆食ワイルド系などと読んていることも。
投稿日時 2021-07-06 20:36:25 アクセス数 201
タグ とんこつラーメン   にんにく   背脂  
投稿ID 278
投稿URL このページをお知らせしたい場合こちらのURLをお使いください。

※URLをクリックしていただくとクリップボードにURLがコピーされます。
⇩Sサイズ画像無料ダウンロード ⇩Lサイズ画像無料ダウンロード

この画像は当サイトポリシーに基づき公開されています

この画像は、パブリックドメイン扱いで、私用・商用含め無料でご利用いただけます。
事前の許可なく、ネット上へ公開、改変、複製等の利用を行って構いません。
ご利用にあたって、帰属表示やリンクは必要ありません(当サイトへのリンクを掲載いただけるとうれしいですが)。
無料ダウンロードボタンを押下してダウンロードしてご利用ください。

禁止事項

当サイトそのものは著作権を放棄しておりませんので、当サイトのソース、配布の写真をすべてダウンロードし同様のサイトを立ち上げることは禁止といたします。
各種ウェブサイト上でご利用なられる場合も、当サイト掲載写真は必ずダウンロードの後ご利用くださるようお願いいたします。
掲載写真のファイルURLへの直接リンクは当サイトのサーバー負荷増となるため禁止といたします。

細かな利用ルールに関しては利用規約をご確認ください。

このジャンルのオススメ写真

最近の人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールとジョゼフ・ニセフォール・ニエプス(ダゲールのパートナーであったが、彼らの発明が完成する前に死去)は、1836年に最初の実用的な写真技術ダゲレオタイプを発明した。ダゲールは銅板を銀で被覆し、そして感度を上げるためにヨウ素蒸気に晒した。画像は水銀蒸気によって現像して、塩の溶液で定着された。
世界初の現実的なインスタントカメラポラロイドモデル95が1948年に市場に出た。
写真を撮る時おなじみの「はい チーズ!」の由来は、19世紀末、写真が高価で失敗できなかった頃、カメラマンが「say cheese!」と言って、笑っているように見える写真を撮ったのが始まりとされる。
「cheese!」を言うと口元が「イー」の形になり、口角が上がって笑顔のように見える。もともとは笑顔にさせることが目的だった。