エスカレーター

タグのつけられた登録写真

タグのつけられた人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

写真を撮った時に赤目になるのは網膜の色が映ったからで、網膜は血の色で赤色。
暗い場所などで瞳孔が開いているとこの色が出やすい。
1871年にリチャード・リーチ・マドックスが写真乾板を発明し、カメラマンは既製品を使うことができるようになった。また、初めてカメラは手持ちに充分なほど、または隠すことさえできるほど小さくなった。携帯カメラからフィールドカメラまで、いろいろなデザインが激増した。
また感度の向上により、露出時間が短縮されたことにより、シャッターが必要になった。最初のシャッターはカメラから独立したアクセサリーであったが、1900年頃までにカメラに内蔵することが一般的になった。
日本に眼鏡が入ってきたのは1549年で、キリスト教宣教師のザビエルが大名の大内義隆に眼鏡を贈っています。