カンパチ握り寿司


タイトル カンパチ握り寿司
説明 人気の回転寿司チェーン店で提供されている、脂の乗ったカンパチのおいしい握り寿司です。
俗に言う100円寿司であっても、クオリティの高いおいしい握り過ぎが食べられます。
投稿日時 2021-06-29 11:19:49 アクセス数 193
タグ 寿司  
投稿ID 274
投稿URL このページをお知らせしたい場合こちらのURLをお使いください。

※URLをクリックしていただくとクリップボードにURLがコピーされます。
⇩Sサイズ画像無料ダウンロード ⇩Lサイズ画像無料ダウンロード

この画像は当サイトポリシーに基づき公開されています

この画像は、パブリックドメイン扱いで、私用・商用含め無料でご利用いただけます。
事前の許可なく、ネット上へ公開、改変、複製等の利用を行って構いません。
ご利用にあたって、帰属表示やリンクは必要ありません(当サイトへのリンクを掲載いただけるとうれしいですが)。
無料ダウンロードボタンを押下してダウンロードしてご利用ください。

禁止事項

当サイトそのものは著作権を放棄しておりませんので、当サイトのソース、配布の写真をすべてダウンロードし同様のサイトを立ち上げることは禁止といたします。
各種ウェブサイト上でご利用なられる場合も、当サイト掲載写真は必ずダウンロードの後ご利用くださるようお願いいたします。
掲載写真のファイルURLへの直接リンクは当サイトのサーバー負荷増となるため禁止といたします。

細かな利用ルールに関しては利用規約をご確認ください。

このジャンルのオススメ写真

最近の人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

最初の固定された写真は、パリでチャールズおよびヴィンセント・シュバリエによって製作されたスライドする木箱型カメラを使ったジョゼフ・ニセフォール・ニエプスによって、1826年か1827年に撮られた。ニエプスは、銀とチョークの混合物に光を当てると黒くなるというドイツの解剖学者ヨハン・ハインリヒ・シュルツェによる1724年の発見を基にして、ピューター(鉛とスズの合金)板をアスファルトピッチで被覆し、プレートを光にさらすことによって最初の写真を撮った。ピッチは光が当たったところが硬化し、硬化されていない部分は後から溶解された。これが写真撮影の端緒である。
写真乾板(しゃしんかんぱん、英: photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。
現存する最古のカメラと言われている、ニコンが製造した3台目のカメラ「ニコン・ワン」が、オークションで、英32万ポンド(約4500万円)で売れたことがある。