磯辺揚げ


タイトル 磯辺揚げ
説明 某うどん屋さんで選んで食べられる揚げ物コーナーにある、ちくわの磯辺揚げです。
100円以下のお手頃価格でうどんを豪華にしてくれる、天ぷらの中でも庶民の味方ですね。

なお、磯辺揚げとは、海苔を衣に入れた揚げ物のことで、あまりにも身近なのがちくわなので、磯辺揚げと言えば自動的にちくわのように思われがちですが、山芋の磯辺揚げ、白身魚の磯辺揚げなど様々です。
投稿日時 2021-07-23 08:33:24 アクセス数 188
タグ 天ぷら   ちくわ  
投稿ID 288
投稿URL このページをお知らせしたい場合こちらのURLをお使いください。

※URLをクリックしていただくとクリップボードにURLがコピーされます。
⇩Sサイズ画像無料ダウンロード ⇩Lサイズ画像無料ダウンロード

この画像は当サイトポリシーに基づき公開されています

この画像は、パブリックドメイン扱いで、私用・商用含め無料でご利用いただけます。
事前の許可なく、ネット上へ公開、改変、複製等の利用を行って構いません。
ご利用にあたって、帰属表示やリンクは必要ありません(当サイトへのリンクを掲載いただけるとうれしいですが)。
無料ダウンロードボタンを押下してダウンロードしてご利用ください。

禁止事項

当サイトそのものは著作権を放棄しておりませんので、当サイトのソース、配布の写真をすべてダウンロードし同様のサイトを立ち上げることは禁止といたします。
各種ウェブサイト上でご利用なられる場合も、当サイト掲載写真は必ずダウンロードの後ご利用くださるようお願いいたします。
掲載写真のファイルURLへの直接リンクは当サイトのサーバー負荷増となるため禁止といたします。

細かな利用ルールに関しては利用規約をご確認ください。

このジャンルのオススメ写真

最近の人気写真


ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、写真、カメラなどに関する雑学などをランダムにご紹介。

1875年、日本初の機械生産によるメガネレンズが誕生。
メガネのフレームの内側に刻まれている番号は、レンズ一枚の横幅、ブリッジの幅、テンプルの長さの順に書かれています。
お気に入りのメガネがあったら数字を記憶しておくと、次に買う時に同じような規格のメガネが見つかります。
写真乾板(しゃしんかんぱん、英: photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。